就職活動のやり方

フリーター就職活動のやり方


フリーター就職活動の始め方

フリーターから正社員として就職を目指す場合、何から始めたら良いか分からなくて・・・といった方もいると思います。

フリーターから正社員就職を目指す場合、初めての就職活動の場合には分からない事だらけかもしれませんね。

就職活動の全体像をまず知る事が大切といえます。

・自己分析

・企業研究、仕事研究

・求人情報の収集

・求人への応募

・書類選考

・面接

・内定獲得

・入社

といった流れとなります。

こう書くとなんだかシンプルで簡単そうですが、それぞれの段階で色々とやることがありますし、日程調整などもあり大変です。

まずは自分をしっかり知る事が大切

意外と飛ばす方が多いのが「自己分析」です。

自分をしっかり知る事、どんな仕事に向いているかを知っておかなければ、もし就職したとしても「この仕事合わないな」と退職に繋がってしまう可能性もあります。

自分がどんな仕事に向いているか、どんな仕事をしたいか、適性があるか。
こうした自己分析は、いずれある面接でも重要なポイントとなります。

面倒と思わず、しっかりと時間をとって自己分析してみる事をオススメします。

企業研究、仕事研究

自己分析が終わったら、求人情報の収集と並行しても良いのですが、企業研究や仕事研究が重要となります。

入社後にどんな仕事をする事になるのか。

自分に合っている仕事、やりたい仕事で募集があるかどうか、と言った事も調べつつ情報収集を進めると良いのではないでしょうか。

同じ職種であっても、企業ごとに仕事内容が異なる事は多いですからね。

イメージと違った・・・と言った事がないように、情報収集をしっかりと行ってから求人へ応募する事も重要です。

応募先企業の評判、将来性なども調べておけると良いですね。

稀にですが、入社してすぐに倒産してしまいまた無職に・・・といったケースもあります。

書類選考、面接

書類選考が無事に通れば、フリーターから正社員就職を目指す上で最大の難関である面接です。

フリーターが面接でよくされる質問としては、

・なぜフリーターになったのか

・なぜ、今までフリーターを続けてきたのか

・なぜ、フリーターから就職しようと思ったのか

・なぜ、うちの会社に応募したのか

といった質問などがあります。

フリーター歴が長い方や一度就職して退職、フリーターになった方などは深く突っ込まれる可能性もあります。

しっかりと想定される質問に対して答えを用意しておく事が必要ですね。

もし、落ちてしまった場合には反省ポイントを分析、次に繋げる事がとても大切です。

内定獲得!入社へ

無事に内定獲得をした場合、アルバイトを辞めて正社員として入社する日程を調整する事が必要です。

アルバイトも急に辞める事が出来ない事もあるでしょう。

多少の期間であれば、入社を待ってもらえることは多いですから要相談です。

ただし、現実は厳しいフリーターからの正社員就職

フリーターから正社員就職を目指しての就職活動。

1社目で希望通りの仕事内容で就職が決まると良いのですが、実際にはなかなか就職先が決まらずに就職活動の期間が長期化するフリーターの人が多いです。

中には1年くらい就活をしていてもまだ就職先が決まらない、といった方もいます。

折しも今は人手不足による「売り手市場」と言われますがフリーターや既卒に関しては、そこまで売り手市場では無いと感じている方が多いのではないでしょうか。

売り手市場でも就職が決まらない方は多いです。

フリーターの就活方法として、選べる方法はいくつかあります。

・ハローワーク

・求人サイト

・サポステなど就職支援の利用

・民間の就職支援サービスの利用

などが代表的な就活方法として挙げられますが、この中でフリーターが就職成功するためにオススメなのが、

民間の就職支援サービス

です。

フリーターからの正社員就職、成功率が高い就職支援サービスの活用がオススメ

どんな就職活動のやり方をしても内定が獲得出来る人はいるのですが、多くの方が就職成功率を上げる方法としては、

「民間の就職支援サービス」

がオススメです。

利用者も増え、内定獲得など実績も多いフリーター向け就職支援サイトとして、

⇒ DYM就職

⇒ ジェイック

⇒ ハタラクティブ

といった就職支援をご紹介していますが、これまでにも多くの方の就職サポートを通してフリーターの人が就活をしていて「どこでつまづくか」把握していますし、ノウハウも蓄積されています。

何より、未経験歓迎、フリーターOKの正社員求人を多く所有しています。
これは大きなメリットですよね。

求人紹介ももちろん行っていますから、フリーターから正社員就職を目指す場合、とても効率良く就職活動を進めていく事が可能となります。

履歴書や職務経歴書の書き方、企業情報、企業毎の面接対策などもサポートしてもらう事が出来ます。

一人で就職活動をするよりも得られる求人の数は減りはしますが、その分、充実した情報の質でカバー出来ます。

自分に合った就職先探しにはとてもオススメの就活方法です。

フリーター向け就職サイトは今後も増える事が予想されます。

それだけ、若手の求人ニーズは高いものがありますからね。
ただし、東京オリンピック以降、特に未経験からの就職は厳しくなることも予想されます。

新卒はずっと高い需要はあると考えられますが、フリーターなど職歴無し、社会人経験無しの層はいつまで求人ニーズが高いかは未知数です。

正社員就職をするのであれば、今はとてもチャンスが多い時期と言って良いでしょう。

フリーターから正社員就職をする方法として、上記のようなフリーター向け就職サイトの活用はオススメです。




キーワード