フリーター脱出、就職活動

20代 フリーター脱出


20代の間にフリーター脱出

20代 フリーターを脱出するには情報収集が大切!

フリーター脱出!そろそろ正社員になろう

フリーターからの脱出となると、やはり正社員就職を目指す方がほとんどと思います。

フリーターを脱出して契約社員を目指す!といった方はあまり聞いた事がありませんからね。

フリーターから正社員として仕事に就くために出来る事、効率良く求人情報を集めて就職活動を進める方法などについて、みていきましょう。

就職活動を成功に終わらせるためには、情報収集がとても大切です。

20代のフリーターが応募可能な求人を多く掲載している求人サイトを見つける事もそうですし、人材募集を行っている企業がどんな人材を採用したいと考えているかの情報収集、ブラック企業なのかホワイト企業なのか。

また、入社後の給与・待遇、仕事内容、その後のキャリアなど。

気になる事も山ほどあると思います。

就職活動に真剣になればなるほど、知りたい情報は出てくるのではないでしょうか。

20代 フリーターを脱出する方法について

20代フリーターが就職活動をする方法は、大きく分けて2つあります。

・自分で求人を探して応募する方法

・他人の力を利用して、サポートを受けながら就職先を探す方法

年齢や本人の行動力などによってオススメの就職活動の方法は異なるのですが、職歴無し・社会人経験無しといった状況からの就活を考えると、

他人の力を利用して、サポートを受けながら就職先を探す方法

がオススメです。

こうしたフリーター向けの就職支援ですが、行政や自治体が提供している就職支援サービスと、民間の人材紹介会社などが提供している就職支援サービスがあります。

オススメするのは、民間企業の就職支援サービスです。

就職支援サービスを利用して得られるメリット

就職支援サービスを利用して得られるメリットとしては、次のようなものがあります。

・就職サイトに掲載されている求人、企業ホームページなどからは得られない、企業の詳しい情報を得ることが出来る

・就職アドバイザーによる手厚いサポート

・求人紹介

・面接対策

・就職後のサポート

簡単にまとめると、上記のようなサポートを受けながら、正社員就職を目指す事になります。

一人での就職活動の問題点は、自分では応募書類(履歴書や職務経歴書)、面接失敗時の改善点などに気づきにくいことが挙げられます。

自分で気づける範囲には限界もありますし、改善したと思っても、それがまだ致命的な場合もあります。

内定獲得しやすい人との比較が難しいため、就職活動で壁にぶつかりやすいんですね。

それに対して、就職支援サイトを利用した場合には、経験豊富な就職アドバイザーがサポートをしてくれます。

当然、今までにフリーターから正社員就職した人も多くサポートしてきていますから、ポイントを抑えての就活がしやすいです。

応募する企業に合わせた応募書類の作成、面接対策なども出来ます。

こうしたサポートがある以上、就職成功率が高いのは納得です。

フリーターから正社員就職を目指す際、就職支援サービスを利用することをお勧めするのはこうした理由があるためです。

20代フリーター おすすめ就職サイト

20代フリーターの就職活動でおすすめ就職支援サービスです。

就職活動をしていると、不安や悩みを持つ事もありますよね。

そうした時にも就職相談が出来る相手(就活アドバイザー)がいる事は、心強いと思います。

利用者も増え、内定獲得など実績も多いフリーター向け就職支援サイトです。

⇒ DYM就職

⇒ ジェイック

⇒ ハタラクティブ

といったところなどを、オススメの就職支援サイトとしてご紹介いたします。

対応エリアが広いのは、DYM就職です。
就職成功率も非常に高い、オススメのフリーター向け就職支援サイトの一つです。

それぞれで得意な業界・職種、就職支援の特徴なども異なります。
対応エリアもありますね。

上記のような20代フリーターを専門として就職支援を行っているサービスを利用して、有利に就職活動を進めてみてはと思います。

フリーター歴が長くなればなるほど、就職できない?

フリーターの面接対策
フリーター歴が長くなればなるほど就職が難しくなる、と言われます。

実際、ブランク期間が長くなると正社員就職の成功率が下がるという調査結果もあります。

正社員になるための就職活動、面接でも質問されますよね。

「どうして就職せずにフリーターをしていたのですか?」

「なぜ4年間、フリーターをしていたのですか?」

といった質問ですね。

結構、困る質問ではないでしょうか。

なぜなら、「なんとなくフリーターをしていたから・・・」といった答えになる事が多いためです。

夢を追いかけてオーディションを受けていた、音源を作って送っていたなど目標に向かって一生懸命頑張っていた方や、公務員試験を目指して頑張っていた方は、そのまま素直に説明をして就職に切り替えた理由、志望動機などを話すと良いと思います。

しかし、

「なんとなくフリーターを4年、5年としていた」

場合には、正直に答えるとマイナス評価を受けるのでは・・・と考えてしまうものです。

しかし、嘘はやはり避けた方が良いですよね。
ずっと、その嘘に合わせて面接を続けなければなりませんし、万が一採用されたとしたら、就職してからもずっとその嘘をつき続ける必要があります。

バレる可能性もありますね。

いずれにしても、避けるべきです。

なんとなくフリーターをしていたとしても、その事を反省して正社員就職したいと考えた理由、どう会社に貢献していきたいか、仕事を通してどんな風に成長していきたいか、などをポジティブに説明する事が重要となってきます。

フリーター歴が長くなるほど、面接での質問が厳しく突っ込まれる事が増え、受け答えが満足にできないケースが増えるために就職も難しくなる、と言う事もあると言えるでしょう。

面接対策をしっかりと行う事が出来れば、十分にフリーター歴が長いハンデをカバーすることは可能です。

29歳フリーターの就活でも力を発揮!就職支援サービス

正社員就職を目指しているフリーターの方の中には、29歳という方もいると思います。

あまり時間がない、のんびり就活していると30歳を迎えてしまう。

誕生日にもよりますが、就職に焦りを感じている方も多いのではと思います。

上記でご紹介したようなフリーター向け就職サイトを利用した場合、短期間で内定獲得を目指す事も可能です。

「出来るだけ短期間で就職先を見つけたい」

といった事で就職アドバイザーに相談をすれば、そのように対応してくれるでしょう。

書類選考無しの就職支援サービスを利用する方法もオススメです。

⇒ DYM就職

⇒ ジェイック

などがそうですね。

こうしたフリーター向け就職サイトを活用して、未経験からでも安心して働きやすい優良企業をぜひ探してみてください。




キーワード