20代後半 職歴なしフリーター・ニートが就職するには
20代後半フリーター就職!職歴無しからの正社員就職 > 20代仕事探し > 20代後半 職歴なしで就職するための就職サイト

20代後半 職歴なしで就職するための就職サイト


20代後半 職歴なしフリーター・ニート向け就職サイト

無職・職歴なし、20代後半の就職活動

20代後半、職歴なし・社会人経験なしからの正社員就職。

就活を上手く進めるためのフリーター・ニート向け就職サイトについてご紹介をしています。

ニートやフリーター生活を終わらせて、正社員として仕事に就こうと考えた場合。

実際、どうやって無職、バイト経験のみのフリーター向け求人を探したら良いの?
内定率の高い就職活動をしたい、と思った場合などは特に就職活動に自信が持てなくて・・・といった方も多いのではないでしょうか。

20代後半 職歴なし。
社会人経験なしからの就職活動を成功させるために、オススメの就職サイトがいくつかあります。

今のフリーターやニート生活のままだとヤバい。正社員就職しないと

と思っていて、今はまだ特にやりたい仕事が見つかっていなくても、就職活動を進めていくことができます。

20代後半 職歴なしフリーター・ニート向け就職サイト

20代未経験歓迎、就職エージェント
20代後半、職歴なしフリーターやニートの方もまだまだ就職先(働き口)はあります。

未経験者の正社員就職支援を専門とする就職エージェントを利用する事で、ある程度、興味のある仕事を選び、就職を目指す事も可能です。

フリーター・ニートの正社員就職に強い就職エージェントをご紹介いたします。

⇒ DYM就職

⇒ ハタラクティブ

⇒ ジェイック

⇒ 就職shop

などのエージェントを、職歴なしフリーター・ニートの就職支援に強いとしてご紹介をしています。

実際、話を聞いてきましたがニートでも全然就職できます!ぜひ相談に来てください!ということです。

正社員就職を成功させるために、様々なアドバイスをもらいながら、また実際に未経験歓迎の正社員求人を紹介してもらいながら就活をする事が出来ます。

一人で悩みながら就活をするよりも効率良く仕事探しをする事ができますので、就活に詰まっている方は相談をしてみてはいかがでしょうか。

資格はあった方が就職しやすい?

資格があった方が就職は有利になるのでは?

ということで就職活動をする前に資格取得を目指す方もいるのですが、20代後半という年齢を考えると、そのままストレートに就職を目指した方が内定がもらえる確率は高いといえると思います。

簡単に取得出来る資格ほど評価は低くなりますし、就職にとても有効で評価の高い資格は取得が難しい(合格率が低い)ですし、学習期間も長くなりがちです。

落ちた場合、気持ちがネガティブになることも間違いありません。

20代未経験者の中途採用で求められるもの

面接
未経験から正社員就職を目指す場合、企業が重視して採用を考えるポイントは、

・年齢
・素直さ
・やる気
・仕事への適性

といった部分です。

必ずしも「資格取得」していることは重視されません。

もちろん、資格を持っていれば尚良いですが、絶対条件にはならないことが多いです。

就職するときに最も重視するの何ですか?
という質問が人事担当者に出来たのであれば、

「年齢」

と言う答えが返ってくる可能性は非常に高いです。

20代後半で就職のために資格取得に長い時間をかけるのであれば、今の年齢の間に就職活動を頑張り、1歳でも若い時に仕事に就けるようにした方が良いといえるでしょう。

職歴なし、未経験者の中途採用では多くの場合には、年齢、素直さ、やる気、伸びしろ、といった事が重視されます。

あとは職歴なし・未経験フリーターやニートから就職しやすい仕事を狙う事も重要です。

20代後半 フリーター・ニートの就職先さがし

30代にフリーターやニートのままなってしまうと、就職先探しは難しくなります。

・やりたい仕事がなかったので、正社員就職しなかった
・公務員を目指して勉強していてので就職しなかった
・新卒で入社した会社がブラック企業、早期退職した
・ミュージシャンになりたくてフリーターをしながらデモテープ作成、ライブを頑張っていた
・海外留学していて就職活動のタイミングを逃した
・大学中退してからずっとフリーター・ニート

様々な理由からフリーターやニートになった理由があると思います。

そうしたフリーターやニート生活を脱出し、正社員になろうと思った時。
就職活動の仕方を選ぶ事はとても重要な事です。

職歴なし・20代後半から正社員就職を目指すのは大変なことも多いのですが、モチベーションを維持するのが最も大変といっても良いでしょう。

就職活動は短期集中で終わらせるのが一番良いと言えると思います。

「1年かけてじっくり就職先を探したい」

と思っている方はあまりいないと思います。

1年かけて就活は長いですよね。さすがに・・・。
どんな方でも、たぶんモチベーションが維持できないでしょう。

⇒ 20代後半 職歴なしフリーター・ニート向け就職サイト

を利用する事で、フリーターやニートの就職支援に多くの経験を持つコンサルタントやキャリアカウンセラーからのサポートを受けながら、就職先を探していくことができます。

履歴書の書き方、職務経歴書って書いた方が良いの?
面接対策って具体的にどうするの?
内定が出た後、やっぱり興味ない仕事だったら断っても良いの?

など、就職に関しての疑問にも全て答えてもらいながら、就職活動を進めて行く事が出来ます。

どうしても自分でネットで情報収集をしていると、ネガティブな情報が目に入りがちな人もいると思いますが、キャリアカウンセラーなどに相談をするとポジティブな情報が多く入りますので、モチベーションも維持しやすくなります。

書類選考無しで面接を受けられる就職支援サービス(DYM就職、ジェイック、就職shopなど)の活用もぜひ検討してみてください。

20代後半 女性の就職

20代後半の女性採用には、企業はまた違う不安を持つことが多いようです。

どうしても、結婚・出産があると仕事が出来ない期間があります。
働く側に立って、そうした不安なく仕事が続けられる企業になる事が望ましいのですが、人手不足の状況もあり産休・育休が終わるのを待つのが難しい、と考える企業もあるでしょう。

その一方で、女性が長く正社員として活躍しやすいように体制を整えている大手企業、中小企業もあります。

女性が就職先を探す際、また改めて再就職を探すのは大変です。

最初から「長く安心して働きやすい会社」を探して就職できると良いですよね。

そのために必要な情報は、

・女性社員の割合
・女性管理職の人数
・産休・育休制度、取得者の割合

などです。

なかなか一人で就職活動をしていると得にくい情報ですが、就職エージェントを利用した場合には、こうした情報が気になった場合に代わりに企業に照会(問い合わせ)をしてもらう事が出来ます。

また、最初から女性が働きやすい会社しか紹介しない、といったスタンスの就職支援サービスもあります。

⇒ 女性専門の就職支援サービス

そうした就職支援を利用するのも一つの方法として、オススメしたいと思います。

20代後半、就職できないと正社員を諦める必要はありません

フリーターやニート、未経験から入りやすい業界
20代後半、27歳、28歳、29歳と年齢が上がるにつれて就職が難しくなるのは仕方ありません。

そうした現実は受け入れて、就職活動を続けて行く必要はあると思います。

20代後半、無職、職歴なし、未経験からでも就職しやすい業界、そして職種を狙って就職活動をしていく事で中途採用はされやすくなります。

また、自力での就職活動に自信がない、就活の壁にぶつかっている、といったフリーターやニートの方は先ほどご紹介したようなフリーター・ニート向け就職サイトを活用してみてください。

⇒ 20代後半 職歴なしフリーター・ニート向け就職サイト

就活を何から始めたら良いか分からない、就活のはじめ方が分からない、という方でもしっかりサポートしてもらって就活をする事が出来ますし、職歴なし未経験者の採用に積極的な企業も紹介してもらえます。

未経験から就職を目指すために質の高い情報を提供してもらい、求人を探すことが可能となります。

就職できないと諦めてしまうと、そこで就活は終わってしまします。

どの就職エージェントに聞いても、20代ならまだまだ就職できるチャンスはある、という話です。

まずは諦めずに行動をされてみてはいかがでしょうか。

就活が上手くいかない、内定がなかなか出ない、といった方は今までの就活方法を変えてみる事もオススメです。




キーワード