未経験からエンジニアを目指したい

未経験からインフラエンジニアへ就職


インフラエンジニア 未経験でも就職できる方法

未経験からインフラエンジニアを目指したい

フリーター・ニート、既卒や大学中退者の方で就職どうしよう、と考えた時にIT業界への就職、インフラエンジニアとしての就職を目指してみたいと興味を持つ方もいると思います。

未経験からインフラエンジニア(ネットワークエンジニア)を目指すためには、どのような知識を身に付け、どういった方法でインフラエンジニア求人を探すと良いでしょうか。

ここでは、フリーター・ニートといった職歴なし・社会人未経験からでもIT・通信業界への就職、未経験OKインフラエンジニア求人を見つけるための求人サイトなどについてもご紹介をしています。

インフラエンジニアの種類

インフラエンジニアといっても業務によって種類が分かれます。

インフラエンジニアとして就職したい!
と思っても、どんな業務で働きたいかを考えておく事は重要ですね。

サーバーエンジニア

サーバ機器の構築、運用・保守を行うエンジニアです。
Unix、Linux、WindowsなどのOSの知識が必要となります。

主な業務内容は業務内容はラッキング・インストール・設定・導入など。

予算からクライアントの要求を満たすサーバー環境を整える設計も重要な業務となります。

最新のネットワーク、セキュリティ知識も必要とされ、勉強が必要なエンジニアとなります。

ネットワークエンジニア

様々な機器(PCやFAX、プリンターなど)のネットワーク構築を行うエンジニアです。

オフィス内に留まらず、ビル全体でネットワーク構築(ハブ、ルーターなどネットワーク機器やケーブルの敷設)を行う事もあり、思った以上に体力が必要な仕事とも言えます。

業務的に夜中に作業を行うこともあります。

データベースエンジニア

データベースエンジニアは、OracleやMicrosoft SQL Serverといったデータベースを設計・構築するエンジニアです。

IT時代となり膨大なデータを企業は保有するようになっています。

データベースにデータを保存、必要なときにデータを瞬時に取り出せるようシステムを構築・運用します。

設計の仕方によってデータ処理のスピードがまるで変わる事もあり、非常に重要な役割を果たすエンジニアとも言えます。

サーバエンジニアなどと兼務しているケースもあります。

インフラ保守・運用エンジニア

インフラを運用し始めてからも様々な問題、トラブルが発生します。
そのため、運用を始めた後にシステム障害が発生したときに対処するエンジニアが必要となります。

・保守エンジニア
・運用エンジニア

という言い方をされるエンジニアの出番となります。

未経験OKのインフラエンジニア求人を見つけるには

未経験からインフラエンジニアとして就職を目指す場合、どのような就職活動をすると良いでしょうか。

IT専門学校などで改めてインフラエンジニアとして必要な知識を身に付ける、という方法もありますが、多額のお金が必要です。

ですから、その方法は選べない方も多いのではないでしょうか。

特にフリーター・ニートの方で、できるだけ早く就職して働きたいと考えた場合には、次のような就職活動の方法がオススメです。

未経験者に特化した就職エージェントを活用して就活

今は優秀なエージェントが多く、またIT業界も様々な職種で人手不足となっておりインフラエンジニア求人も増えてきているようです。

フリーター・ニートといった未経験者の正社員就職支援を行っているところでは、

⇒ DYM就職

⇒ ハタラクティブ

⇒ 就職shop

などがIT・エンジニア求人の割合も比較的多く、インフラ周りの求人も見つかる可能性があります。

こうした就職エージェントを利用した場合、就職した後のキャリア、待遇、仕事環境、職場の雰囲気などを詳しく知ることができるメリットがあります。

IT業界に強い、

⇒ IT業界、未経験からの転職に強いワークポート(WORKPORT)

などの活用もオススメです。

求人サイトを活用して探す

今では求人サイトにも多数のインフラエンジニア(ネットワークエンジニア)求人が掲載されています。

主に東京都(23区内)のエンジニア求人が多いですが、大阪も求人数は多めです。

⇒ リクナビNEXT【未経験求人を探す】

などでも多数のインフラエンジニア求人を探す事が可能です。

インフラエンジニアに向いている人

エンジニアという仕事は、適性がとても大切な職種と思います。
時にはもう黙々と自分と向き合うような苦しい時間もありますので、向いていないと辛さが倍増するかと思います。

インフラエンジニアに向いている人は、裏方で堅実にコツコツと仕事をするのが好きな方。

自分で業務に関連する知識を勉強する事が好きな方も向いていると言えます。

もちろんチームで仕事をしますし、顧客と折衝することもありコミュニケーション能力も必要です。

未経験からインフラエンジニアになるには資格はあったほうが良い?

当然ですが、資格は取得しておいた方がインフラエンジニアとしての就職には有利です。

しかし、費用と時間がかかりますからご自身の状況から余裕のある場合に、資格取得を目指されると良いのではと思います。

資格取得に至っていなくても、勉強している事を面接でアピールするという手もあります。
(もし入社した後、合格したか聞かれると思いますので必死に合格を目指しましょう)

いくつかピックアップしてご紹介をしています。

LPIC Level 1

非営利活動法人のLPI(Linux Professional Instituteの略称)が提供しているLinux技術者の認定資格です。

CCNA

Cisco Certified Network Associateの略称となります。

ネットワークエンジニアを目指すなら必ず取得しておきたい資格の一つと言って良いでしょう。

Oracle Master Bronz

日本オラクル社がオラクル製品に関する技術や知識を認定する資格です。

データベースエンジニアを目指すなら取得しておきたい資格の一つといえます。

Oracle Master Silver

オラクルデータベースの管理者として基礎となる知識や技術が問われる資格です。
Silverからは世界共通で認められる資格となりますので、ココを目指したいところではないでしょうか。

ITパスポート

最低限のIT知識を習得していることを証明する資格です。
ただ、取得していてもあまり評価されない事もありますので、取得は考えるべき部分かもしれません。

基本情報処理技術者

基本情報処理技術者は、取得していると評価される事が多いです。
「ITエンジニアとして基礎となるIT知識を習得している」と評価してもらえます。

フリーター・ニートのITエンジニア求人は就職エージェントからの紹介がオススメ

インフラエンジニア、ネットワークエンジニアの仕事は、堅実にコツコツ作業をするのが好きな方にとっては面白い仕事になると思います。

昔はあまり未経験向きの仕事では無かったと記憶していますが、今は未経験OKの正社員求人も多くなってきました。

就職を目指すには良い状況ではないでしょうか。

未経験からインフラエンジニアとして就職を目指す場合、

未経験OKのインフラエンジニア求人を見つけるには

でご紹介したような方法で就活をされる事をオススメいたします。

未経験からインフラエンジニアへの就職を目指す際の志望動機、自己PR、ブランク期間の答え方など、アドバイスを受けながら面接対策なども進めることが出来ます。

求人紹介も受ける事が出来ます。

資格取得が可能であれば、自力での就職活動でも20代であれば十分、就職先を見つける事も可能でしょう。

就職先として、インフラエンジニアなどIT業界を目指す方は、ぜひ活用をされてみてはいかがでしょうか。




キーワード